各都道府県メニューから「感染症衛生管理・標準予防策店」登録サロンを検索できます。
スタンダード・プリコーションとは、医療現場・介護現場など適用される感染予防策で、標準的予防措置策とも呼ばれます。感染症の有無に関わらず、あらゆる利用者・関係者に対して普遍的に適用される予防策です。「汗を除くすべての血液、体液、分泌物、損傷のある皮膚・粘膜は感染性病原体を含む可能性がある」という原則に基づき、手指衛生や個人防護具(マスクやガウン他)の着用など感染リスクを減少させる予防策を示しています。公衆衛生/国家資格業である理容店・美容店においては、理容師法施行規則及び美容師法施行規則を遵守した上で、HIV・ 肝炎ウイルスなどの血液感染症衛生管理を日本衛生管理協会における講習知識に基づいて実施している店舗といたします。
Special WebLink

訪問出張理美容

介護施設、医療施設への出張、またお客様のご自宅などに訪問しての理美容サービスを行なっております。訪問先での理容・美容行為は国家資格者である理容師・美容師では行うことは禁じられております。また、お客様は「免疫機能」が低下している環境下でありますので、登録店は理美容店以上の「感染症衛生管理」を心がけております。介助・理美容技術だけでなく、「持ち込まない・持ち帰らない」安全と安心を学んでいる理美容店をご利用ください。

「理美容カット」安心ポイント

お客様毎の感染症衛生管理としては下記が安心ポイントとなります。他にも、店舗や所轄地域/保健所の条例などで対応が変わる場合があります。
 

  • お客様毎に襟タオル(紙)を交換する。
  • クロス類はお客様の肌には触れないようにする。
  • 道具(鋏・櫛)は使用前に法定濃度のエタノールを噴霧し、ティッシュで表面に付着した脂分を拭き取り乾燥させることにより抗菌作用を高める。
  • トリマーは使用前後に可動させながら刃にエタノールを噴霧。
  • 施術中の使用した道具はステンレス皿などにのせ、お客様毎に管理。ただし、施設状況により臨機応変に対応。
  • 血液付着もしくは油脂などが布類に付着した場合は、衛生管理工程を措置。
  • 道具に血液が付着した場合は、感染症衛生管理システムに則り措置。
  • 道具に油脂が付着した場合は、流水洗浄もしくは医療系蛋白除去剤に浸漬措置。
  • 施術により発生した未消毒器具は、理美容店舗内で最終感染症衛生管理措置を行う。

当検索サイト登録店におきましては、お客様に裏付けされた「安心・安全」の上で様々な技術を提供させていただきますので、安心してご来店いただければと思います。お住まいの地域に該当店がございましたら、お気軽にお問合せください。

一般社団法人日本衛生管理協会における「Step02」におきましては、訪問出張先での感染症の知識や衛生管理において有効な使用器具知識、お客様ごとの衛生管理システム、理美容店に戻ってからの衛生管理システムなどを学んでいただいております。「Step02」 受講者には日本衛生管理協会としては「訪問理(美)容衛生管理者証」を発行しております。下記は登録店のなかの修了店リストになります。